INFORMARION/ ブログ

2016.02.03

【柳都STUDIO】ダンスもヴォーカルもスポーツも!丹田を鍛える!

こんばんは!
スタッフの相馬です!

先日から雪が降り始めましたね…
下越は地域によってよくなったところもあれば
まだ雪が残っているところもありますね。
上中越はまだすごいんでしょうか…(´ω`)

本格的に降った日
朝から4時間程、駐車場に止めていたら車が埋まりました。(笑)

ec786a3b-def9-44d0-8bcc-06f532165e8e

自分が停めた駐車番号を当てよう大会が一人開催されました。
(雪で駐車場の番号が埋まっていた為)
そのあとは埋まっているドアを開け
運転席に沢山入った雪を掻き出す作業でした。

色んなところの雪を払い終え、さあ出ようとエンジンをかけ
少し動いたら…(マイカーは4WD)
b564180f-cfa2-4101-9ae7-ded83fa6e532

見 え な い

車の屋根の雪が前だけ落ちてきました…。
なんだかひとり漫才をしてる気分でした…恥ずかしかった。



さてさて!今日は丹田について書いていきます!
丹田って?メリットは?何に使うの?
知らない方も結構いると思います!

丹田とは東洋医学のツボのひとつで、おへそから5㎝下あたり、腹筋の奥にあります!
(指4本分くらいの位置)
歌う時、スポーツするとき、踊るときだって
丹田を意識することによってぐっと安定するんです!

これだけでなく、メンタル的にも強くなり、ストレス耐性があがります。
内蔵機能と肉体のバランスが向上し、脳の活性化にも役立つんです!
他にも良い事がたくさんあるんですが、とにかく良い事しかないです!(笑)

ではどうやったら鍛えられるのか…



丹田で呼吸をするんです…!



まず、イスに腰掛けてください。
深くは腰をかけず、少し前に腰をかけます。
(締め付けなどがないよう、ベルトやホックは緩めてください。)

次は呼吸の姿勢です。身体全体をリラックスさせ、背筋を伸ばし
両足は床につくようにします。膝は少し開いていてください。
そして両手は重ね、先程の丹田の位置に軽く当てます。

再度姿勢を伸ばして、前を見ます。
顎を少し引くような感じで、目を軽く閉じます…。



鼻からゆっくり息を吐きながら
身体を45度くらいまで前に傾けていきます。
息は全部吐いてしまうと苦しいので
吐き切らず、一呼吸程残しておいてください!

45度くらいの位置まで傾いたらそこで止まり、お尻を一瞬だけ締めます!
ゆっくりと息を吸いながら身体を元に戻していきます。

この動きを何回か繰り返すだけです!
これを終えると、結構頭がスッキリし、全身の力がよく抜けます!
歌う前に是非やってみてほしいです!

お試しあれ♪

  • LINEで送る
  • カルチャースクール受講者募集中!
  • 永田宏行さんと歌う うたごえ喫茶 毎週火・金曜開催です!
  • SHOW!CASE!!
  • 新潟アーティストスクール
  • スタジオ紹介
  • SHOW!CASE!!
  • 地方イノベーション
ページの先頭へ